GMOインターネット株式会社 English Page

インデックス

ホーム

投資家の皆様へ

IR情報はこちら

熊谷正寿が語る「グループ事業戦略」

株価情報

個人のお客様総合案内

法人のお客様総合案内

GMOホームページ大学

プレスセンター

GMOインターネットグループについて

グループ人材募集

立候補制度

プライバシーポリシー

広告掲載について

サイトマップ

2007年2月2日
報道関係者各位
GMO Venture Partners株式会社
株式会社paperboy&co. 
GMO Venture Partners、paperboy&co.
2社共同でSecond Lifeファンド」プロジェクト立ち上げ
~Second Life内でのクリエイティブ・ビジネス活動を支援、
仮想通貨(リンデンドル)による投資ファンド設立も~
 GMOインターネットグループでベンチャー企業向け支援事業を行うGMO Venture Partners株式会社(以下GMO-VP)は、米リンデンラボ社の運営する3Dオンライン仮想世界「Second Life」において活躍するクリエイターの支援活動を目的とした「Second Lifeファンド」プロジェクトを立ち上げます。
 その第1弾として、同グループでクリエイター向け・個人向けのインターネットサービスを運営する株式会社paperboy&co.(以下paperboy&co.)と共同で「Second Life」内の「ペパボ島」にて「Second Lifeビジネス・デザインコンテスト」を開催し、「Second Life」上ならではのユニークなデザインやAPIを利用した作品などの制作物、および独創的なビジネスプランを2月14日(水)より募集いたします。 
◆ ◆ ◆
【「Second Life」とは】
 米リンデンラボ社が運営する多人数同時参加型のオンライン仮想3D空間で、ユーザーの交流を図りながら作り上げる世界として注目を集めています。1月末までで300万人を超すユーザーが世界中から集い、1日に日本円換算で約1億円の取引がゲーム内で行われるなど活発な動きを見せています。無料で参加できることに加え、「Second Life」内での経済活動によって得た仮想通貨(リンデンドル=L$)を現実の米ドルに換金が可能なことから、その人気は加速しています。
 「Second Life」内では既に多くの人々が活躍しており、「Second Life」上の不動産取引で100万ドル相当を保有していると発表したユーザーや、米ハーバード大学が仮想空間上で講義を開講するといった活動が行われています。また、「Second Life」が持つCGM、CG等の特徴に注目した大手ブランドが「Second Life」内に店舗を開設したり、大手自動車メーカーが「Second Life」上で自社製品を配布したりするなど、その自由度の高い世界観から、企業にとっても様々な実験の場として注目されています。
 米リンデンラボ社は数ヶ月の内に日本語サービスを開始すると発表しており、今後日本人参加者の増加も予想されます。(※2月2日付為替レート:100L$=約0.37$=約44.68円に相当。)

【「Second Lifeファンド」プロジェクトについて】
 GMO-VPとpaperboy&co.は、「Second Life」を通常のオンラインゲームとは異なり、誰もが創造主となり得ることで独自のクリエイティビティが発揮可能であり、その結果として自己増殖的に拡大しつつある世界であると捉えています。また「Second Life」だけに限らず、ユーザーのオンライン仮想3D空間での活動自体が、次世代CGM(Consumer Generated Media)である「CGS(Consumer Generated Society)」として今後ますます広がりを見せると予測し、この分野に着目しています。
 優れたビジネスや企業への投資活動を続けるGMO-VPと、クリエイターの支援に注力するpaperboy&co.の2社は、急激に拡大している「Second Life」の世界でも、起業家、エンジニア、クリエイターの支援を目的にプロジェクトを展開いたします。 

 その第1弾として、2月14日(水)より「Second Lifeビジネス・デザインコンテスト」を実施し、その後は「Second Life」内での活動を前提とした新規性、独創性のあるアイディアにL$での投資も視野に入れプロジェクトを進行いたします。

【「Second Lifeビジネス・デザインコンテスト」について】
 paperboy&co.代表取締役社長の家入一真を審査委員長とし「Second Life」上ならではの常識にとらわれないビジネスプラン、卓越したデザイや開発物を募集します。 
■募集要項
募集作品
 「ビジネスプラン部門」、「クリエイティブ部門」の2部門において募集
主催
 GMO Venture Partners株式会社/株式会社paperboy&co.
応募資格
 個人・団体を問わず、「Second Life」の正規アカウントを持つユーザーであれば、どなたでも応募可能です。
募集期間
 2007年2月14日(水)~2月28日(水)
実施場所
 Second Life内「ペパボ島」
受賞者発表
 2007年3月14日(水)
 (厳正なる審査の上、ペパボ島およびWEBにて発表いたします)
優秀賞
 大賞:150,000L$(各部門1名)
 副賞: 50,000L$(各部門2名)
評価ポイント
 『ビジネスプラン部門賞』 
  「Second Lifeの世界を活性化させ、ユーザーを楽しませることが可能か。」
  「現実社会ではありえない、突飛な発想」
  「プランの実現に関する具体的なアイディア」
  「応募者本人のキャラクターおよび感性」
 
 『クリエイティブ部門賞』
  「実際に存在するモノに忠実か、または存在を超えるモノ」
  「Second Life内で新しい価値や使い方または笑いが生まれるようなデザイン」
詳細URL
 (応募方法や審査に関しての注意事項も上記サイトにございます)

 今後もGMO-VPとpaperboy&co.は本プロジェクトを通じて、幅広いユーザーにインターネットの新たな楽しみ方を体感して貰い、個人の想像力・創造力の発展に寄与してまいります。
 
コンテスト応募要項・詳細お問い合わせ
◆「Second Lifeファンド」プロジェクト事務局
E-mail:info@sl-fund.com
Second Life内:http://slurl.com/secondlife/paperboy%20and%20co/128/128/0/ 

【報道関係お問い合わせ先】

◆GMO Venture Partners株式会社 塩田
TEL:03-5458-8663 FAX:03-3780-2611  E-mail:shiota@gmo-vp.com 

◆株式会社paperboy&co.  経営企画室・広報担当 西岡
TEL:03-5456-2622 FAX:03-5456-2633 E-mail:mailto:pr@paperboy.co.jp

◆GMOインターネット株式会社  グループ広報チーム 細田
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611  E-mail:pr@gmo.jp
【GMO Venture Partners株式会社 会社概要】
会社名GMO Venture Partners株式会社 < http://www.gmo-vp.com >
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役社長熊谷 正寿
事業内容■国内外の上場、未上場の IT系ベンチャー企業への投資、事業拡大支援、企業価値向上支援事業等
資本金2億1,000万円

【株式会社paperboy&co. 会社概要】
会社名株式会社paperboy&co.  < http://www.paperboy.co.jp/ >
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役社長家入 一真
事業内容■レンタルサーバー事業
■ドメイン取得事業
■ブログメディア事業
■Eコマース支援事業
資本金7,445万円

【GMOインターネット株式会社 会社概要】
会社名GMOインターネット株式会社 < http://www.gmo.jp/ >
(東証第一部 証券コード:9449)
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役会長兼社長熊谷 正寿
事業内容■インターネット活用支援事業(ネットインフラ事業)
■インターネット集客支援事業(ネットメディア事業)
■インターネット金融事業(ネット金融事業)
資本金71億4,829万円
以上
Copyright (C) 2007 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.