GMOインターネット株式会社 English Page

インデックス

ホーム

投資家の皆様へ

IR情報はこちら

熊谷正寿が語る「グループ事業戦略」

株価情報

個人のお客様総合案内

法人のお客様総合案内

GMOホームページ大学

プレスセンター

GMOインターネットグループについて

グループ人材募集

立候補制度

プライバシーポリシー

広告掲載について

サイトマップ

2007年6月21日
報道関係者各位
株式会社ティーカップ・コミュニケーション
株式会社ティーカップ・コミュニケーション
Second Lifeにおける事業の本格的な展開を開始
~コミュニティ構築ノウハウを投入したバーチャル・アイランド「Japan Resort」から~
 GMOインターネットグループで総合インターネットコミュニティ「teacup.」を運営する株式会社ティーカップ・コミュニケーション(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:石川智之 URL: http://www.teacup.com/ 以下、ティーカップ・コミュニケーション)は、ブログや掲示板に続く“次世代コミュニティ”として3Dオンライン仮想世界Second Lifeに着目し、ティーカップ・コミュニケーションが手掛けるバーチャル・アイランド「Japan Resort」(ジャパンリゾート)を足がかりにSecond Lifeにおける事業の本格展開を開始いたします。
◆ ◆ ◆
 ティーカップ・コミュニケーションは、米リンデンラボ社が運営する3Dオンライン仮想世界Second Lifeを次世代コミュニティの姿としてのウェブ上のチャットや掲示板、ブログに続くコミュニケーションや自己表現の場となると考えております。
 そこで、ティーカップ・コミュニケーションは、掲示板サービスやブログサービスの運営で培ったコミュニティ構築ノウハウを投入した、バーチャル・アイランド「Japan Resort」をSecond Life上に構築し、“リゾート・アイランド”というコンセプトのもと2007年4月より企画・運営しております。
現在「Japan Resort」は、そのノウハウにより、トラフィック数1位(*1)の人気スポットにまで成長しています。 *1:Second Life内、PLACE検索”Japan”及び”Resort”の検索結果による。2007年5月末現在。 

【今後の展開について】 

(1)

「Japan Resort」の集客力を活かし、Second Life内での表現活動に必要な「土地」(3次元サーバー)の区画販売*を予定しています。「Japan Resort」のみならず、本格的に周辺の島を含めた一帯を、同一のコンセプトにて展開し、日本人向けにアイランドの区画販売*を行う予定です(販売価格・販売時期未定)。

(2)

オブジェクトの自動設置に便利なミドルウェアの提供。

(3)

Second Life内での集客業務や、中小企業の参入におけるコンサルテーションといった多方面での事業展開。

(4)

イベント系の会社とのタイアップ企画の実施も検討。 
*「区画販売」とは土地所有権の委譲と月々の土地使用料の発生を意味します。「土地所有権」は米リンデンラボ社の3次元サーバーの一部使用権に相当し、「土地使用料」はサーバーやプログラムのメンテナンス、その他設備費などに相当します。 

●「Japan Resort」について
 「Japan Resort」では、日本らしく海に囲まれた島の上にバー・DJブース・プール・ダンスフロア・サーフ場などを設け、日本人や日本好きのメンバーが集って、コミュニケーションを図ったり、リラックスしたりできる、“リゾート”空間を提供しています。
 日本人をメインターゲットとして展開していますが、国別のアクセス制限は設けておらず、ボーダレスコミュニティとして運営しています。男女比は約4:6で、“リゾート”であることから女性が多く集まっています。現時点での日本人は、約半数がクリエイター系ユーザーですが、今後は一般ユーザーの来訪に備え、初心者向けの優しいガイドラインを設置し、多くのユーザーが楽しくコミュニケーションを図れる場を目指してまいります。 

【Japan Resort イメージ(1)】【Japan Resort イメージ(2)】

●ティーカップ・コミュニケーションにおけるSecond Lifeの位置づけ
 Second Lifeとは、世界総加入者数が580万人を超える**、米リンデンラボ社が運営する3Dオンライン仮想空間です。高精度な3次元アバターの活用などによって、ユーザー同士が視覚的にも多くの体験を共有することができ、よりリアルなコミュニケーションを図ることができます。次世代のコミュニケーションツールとして現在、注目されています。
 ティーカップ・コミュニケーションではSecond Lifeを、バーチャル3次元空間を表現手段とした、未来型コミュニティだと捉えています。掲示板やブログと同様に、様々なコミュニケーションや自己表現、情報発信の次世代インフラとして位置づけ、ティーカップ・コミュニケーションのコミュニティ構築ノウハウを活用し、日本人向けの便利なサービスの展開を目指しています。 

** 2007年4月末時点 みずほコーポレート銀行調べ(みずほコーポレート 産業調査部「セカンドライフにみる仮想世界・仮想経済の可能性―Web2.0に続くインターネットの新たな進化―」2007年5月24日) 

●「teacup.会員」との関係
 今後、Second Life内にて展開していく「Japan Resort」ブランドのサービスは、ティーカップ・コミュニケーションが運営するレンタルブログサービス「teacup.ブログ“AutoPage”」やレンタル掲示板「teacup.掲示板」などの既存のサービスとならぶ新たなツールとして、まずは「teacup.会員」へ向けて提供いたします。既存のサービスとの連携を図りながら「teacup.会員」約240万人のお客様へ、様々なコミュニケーションの手段や、クリエイティブ活動の場をご提供いたします。 

■関連ページ

◎teacup.  URL:http://www.teacup.com/
◎Japan Resort  SecondLife内URL:http://slurl.com/secondlife/Japan%20Resort/87/130/22/

■株式会社ティーカップ・コミュニケーションについて
 レンタル掲示板、レンタルチャット、レンタルブログ、ショップレンタルなど、個人ユーザー向けのインターネットツールの提供とポータルサイト「teacup.」の運営をしております。現在、約240万人のteacup.会員と、月間約780万人のユニークユーザー*(2007年5月ネットレイディングス調べ)にご利用いただき、1日あたり約1,880万ページビュー*(2006年5月弊社調べ)を誇る日本最大級の総合インターネットコミュニティです。
 *ユニークユーザー:一定の期間内に、Webサイトに訪れた人数のことで、重複のないユーザー数
 *ページビュー:Webページがどれくらいアクセスされているかを示す単位のひとつ。

【サービスに関するお問合せ先】
◆株式会社ティーカップ・コミュニケーション 広報担当 大川
Tel:03-5728-7040  Email:press@teacup.com 

【報道関係お問い合わせ先】

◆GMOインターネット株式会社  グループ広報チーム 細田・石井
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611  E-mail:pr@gmo.jp
【株式会社ティーカップ・コミュニケーション 会社概要】
会社名株式会社ティーカップ・コミュニケーション <http://www.teacup.com/>
所在地東京都渋谷区桜丘町8-9メイセイビル
代表取締役社長石川 智之
事業内容■インターネット上でのコミュニケーションサービスの企画運営
■インターネットでの広告業務
■インターネットを利用する情報システム及び通信ネットワークの企画、設計・開発、運用に関する受託 など
資本金7,100万円

【GMOインターネット株式会社 会社概要】
会社名GMOインターネット株式会社 < http://www.gmo.jp/ >
(東証第一部 証券コード:9449)
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役会長兼社長熊谷 正寿
事業内容■インターネット活用支援事業(ネットインフラ事業)
■インターネット集客支援事業(ネットメディア事業)
■インターネット金融事業(ネット金融事業)
資本金71億4,829万円
以上
Copyright (C) 2007 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.