GMOインターネット株式会社 English Page

インデックス

ホーム

投資家の皆様へ

IR情報はこちら

熊谷正寿が語る「グループ事業戦略」

株価情報

個人のお客様総合案内

法人のお客様総合案内

GMOホームページ大学

プレスセンター

GMOインターネットグループについて

グループ人材募集

立候補制度

プライバシーポリシー

広告掲載について

サイトマップ

2007年10月3日
報道関係者各位
GMO Venture Partners株式会社
GMO Venture Partners株式会社、Second Life等
「仮想世界」関連ベンチャー企業への投資育成に特化した「仮想世界ファンド」設立
第一号案件として「株式会社マグスル」への出資決定
 GMOインターネットグループでベンチャー投資・インキュベーション事業を行う、GMO Venture Partners株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:熊谷正寿 以下、GMO-VP)は、仮想世界関連の技術やサービスに関わるベンチャー企業のビジネス化と成長を支援するファンド「仮想世界ファンド投資事業組合」(以下、仮想世界ファンド)を9月20日に設立いたしました。
 また、投資案件第一号として、Second Lifeをはじめとする仮想世界の日本市場におけるリーディングカンパニーとして、ポータルサイト、都市開発、建設、広告、金融サービス等の事業を展開する株式会社マグスル(本 社:東京都江戸川区 代表取締役:新谷 卓也 以下、マグスル)が実施した第三者割当増資の引受をいたします。 
◆ ◆ ◆
【「仮想世界ファンド」について】
 「仮想世界ファンド」は、仮想世界関連の技術やサービスに関して独自の技術・事業モデルを持ち、これからの仮想世界分野の10年を担うベンチャー企業を投資対象としています。
投資対象は、下記の3層に分けた区分で、中央に位置するイネーブラー層を中心に投資活動を展開してまいります。 
プレイヤー
仮想世界上でビジネスを展開(広告、採用、コンテンツ販売、不動産開発)する「仮想世界参加者」
イネーブラー
仮想世界参加者のビジネス展開を支援する「参入支援」「広告代理」「運営代行」等「仮想世界参加支援業」
プラットフォーマー
Second Lifeを運営する米リンデンラボ社、スプリューム社等「仮想世界の運営業」

(※1)プラットフォームとしては、Second life以外にも全世界の約60の仮想世界プラットフォームを調査、評価しています。
<注釈 ※1プラットフォーマー等の3層> 


【株式会社マグスルについて】
 株式会社マグスル(2007年7月、株式会社ジップサービスより分離独立)は、仮想世界への進出・参入支援業大手として、Second Life内に400万平米を超える仮想の日本人居住区「マグスル東京」等を建設、所有し、日本テレビ、東芝、サントリー、HIS、サイバーエージェント他500以上のテナントを持つ日本最大級の大家となっています。このように、Second Lifeでの事業展開は既に実験段階を抜け出して、コミュニティ規模、経済活動規模は一定規模の業績に達しています。早期から大手広告代理店とのパートナー関係を構築し、仮想都市開発に加え仮想世界内メディアとしての展開も進めていることから、GMO-VPは、マグスルが今後仮想世界業界の台風の目になると評価し、仮想世界ファンドにてこの度10月5日にマグスルが実施した第三者割当増資の引受を行います。マイノリティ株主として、事業や資本政策、その他、多方面からの支援を行い、マグスルの事業展開の加速を目指します。 

【仮想世界ファンド投資事業組合設立の経緯】
 GMO-VPは2005年からブログビジネスファンド(ファンド総額約10億円)でテーマ特化型ファンドの運営を開始し、現時点で投資先2社が上場するなど、特化型ファンドにおける実績を残してきました。
 昨年後半から、インターネットユーザーの中でSecond Lifeが話題になり始めたことで、この分野に対するリサーチを開始し、本年はSecond Life Fund Project、ビジネスコンテスト等を行うことでさらなる調査を進めてきました。また、世界のおよそ60の仮想世界を調査する上で、調査の一環としてGMO-VPより仮想世界専門員を置き、仮想世界市場に関わる相当数の人物、企業と接触をいたしました。その結果、Second Lifeだけに限らず、仮想世界全般という視点で、巨大なポテンシャルがあることを認識し、専用ファンド設立の本格検討を開始しました。
 また、GMOインターネットグループはサーバーホスティングの強みを持っており、仮想世界はいずれホスティングビジネスになるとの予測から、グループとのシナジーも期待できると共に、仮想世界ブームの影でマネタイズ力の高いベンチャーを複数発見いたしましたので、この度、仮想世界ファンドの設立に至りました。 

<参考図:コミュニティの変遷> 


【仮想世界ファンド投資事業組合・会社概要
<ファンド要項>
名称
仮想世界ファンド投資事業組合
ファンド運営期間
6年間
ファンド募集期間
2007年10月~2008年5月末
※セカンドクローズについてはお問い合わせ下さい。
募集予定金額
上限1億円
 
【報道関係お問い合わせ先】
◆GMO Venture Partners株式会社 塩田
TEL:03-5458-8663 FAX:03-3780-2611  E-mail:shiota@gmo-vp.com 

◆GMOインターネット株式会社  グループ広報チーム 細田・石井
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611  E-mail:pr@gmo.jp
【GMO Venture Partners株式会社 会社概要】
会社名
GMO Venture Partners株式会社 < http://www.gmo-vp.com/ >
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役社長熊谷 正寿
事業内容
■国内外の上場、未上場の IT系ベンチャー企業への投資、事業拡大支援、企業価値向上支援事業等
■運用ファンド
ブログビジネスファンド投資事業有限責任組合 等、総額約22億円
■主な投資先
フルスピード(東証マザーズ)、ネクスト(東証マザーズ)、アクセルマーク、ウェブシャーク、Jetrunテクノロジ、スカイアーク、字幕.in、ANY、ACCESSPORT等25社
資本金
2億1,000万円

【GMOインターネット株式会社 会社概要】
会社名GMOインターネット株式会社 < http://www.gmo.jp/ >
(東証第一部 証券コード:9449)
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役会長兼社長熊谷 正寿
事業内容■インターネット活用支援事業(ネットインフラ事業)
■インターネット集客支援事業(ネットメディア事業)
資本金96億5,175万円
以上
Copyright (C) 2007 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.